エステのカウンセリング

初めて脱毛サロンにいくときの最大の心配事が「勧誘」というい方は多いのではないでしょうか?

私も初めてサロンに行くときは勧誘が心配でした。
というよりも勧誘が怖くて、脱毛サロンの事を調べてから、実際に通うまで随分と時間がかかりました。

たぶん同じような人は多いんじゃないかな?
そんなわけで脱毛サロンの勧誘について対処方法を含めて説明をしていきます。

初回カウンセリングでは必ず勧誘される?

初回のカウンセリングはほとんどのサロンが無料で実施しています。
郡山でもミュゼやジェイエステ、TBCなど大手の他に個人サロンもほとんどの店舗が無料です。

ちなみに昔は1回1,000円かかるサロンも結構ありました。

さて、そんな無料のカウンセリングですが何をするかというと…

  1. 毛周期や脱毛のメカニズムについて
  2. ムダ毛の悩みを質問される
  3. お肌の状態をチェックしてくれる(サロンによってはお肌の水分量をチェック)
  4. プランの提案をしてくれる

1~3は説明や質問で終わります。
最後の「プランの提案」でコースの案内をされます。

コースの案内をされることが人によっては「勧誘」と感じてしまうはずです。
確かにスタッフによっては、断ってもしつこく高いコースを勧めてきますが、割りとあっさりしていると驚く人もいます。

私はミュゼが初めてのサロンでしたが、驚くほどあっさりでした(笑)

契約後も勧誘はされる?

初回はあっさりと引き下がるサロンが多いです。
一番の問題は契約後に通い始めてからの勧誘でしょう。

エステティシャンによっては施術中に勧誘をしてくる人もいます。
こうなってしまうと気分を害しますし、サロンにいくことが嫌になります。

ただ最近はほとんどなくなりました。
スタッフによっては稀にしつこい人もいますが、お経だと思っておくと意外と大丈夫です(笑)

あまりにも勧誘がしつこいスタッフなら「名前を聞く」のもおすすめです。
これは名前を知っていても聞くことで、もしかしたらクレームをいれられるかも?と思わせる効果があります。

郡山で勧誘しない宣言のサロン

最近では「勧誘はしません」と宣言をしているサロンも多いです。
以下は郡山にある主要サロンの勧誘しない宣言のページがあるサロンになります。

サロン名 プラン内容
ミュゼプラチナム 美容脱毛サロンNo.1の理由のページに「無理な勧誘はしません」と明記しています。
脱毛ラボ Q&Aのページに「勧誘は一切ございませんので、ご安心ください」と記載があります。
ジェイエステティック ジェイエステティックのここがスゴイ!のページに「しつこい勧誘・販売は一切行なっておりません」と明記しています。
TBC TBCあんしん宣言のページに「無理な勧誘はいたしません」と記載しております。
レイビス 安心の実績のページに「無理な勧誘もございません」と明記しています。

勧誘の上手な断り方

脱毛にかぎらずエステでは勧誘の上手な断り方の鉄則があります。

  • 見栄をはらない
  • 余計なことは言わない
  • その日中の判断をしない

上記3つの点を守れば、勧誘は怖くはありませんよ。

見栄をはらない

エステティシャンはお金を持っている人かそうでないかを区別します。

お金を持っている人にはコースを勧めてきますし、お金を持ってない人は相手にしても時間のムダになるため勧誘もそれほど熱心ではありません。

一番いいのは職業を聞かれたときに無職かフリーターということです。
大抵は初回のカウンセリングに職業欄を記入するので、そこでフリーターとしておきましょう。

フリーターと無職が良い理由はローンが組めない点です。
これが正社員だとどうなるかというと…

エステティシャン

お仕事は何をされているんですか?

女の子

事務の仕事をしてます。

エステティシャン

そうなんですね~。
座り仕事だと運動不足になりますよね。

女の子

そうですね~。
運動したいんですけど、あんまり時間がなくて。

エステティシャン

それなら○○のコースはどうですか?

女の子

でもお金ないので…

エステティシャン

大丈夫ですよ。
今ならローンを組めば分割払いで毎月○○円ですから。

こんな形で勧誘をされてしまいます(笑)
そのため”嘘でもいい”ので、職業はフリーターか無職を装うことがおすすめです。

余計なことを言わない

エステで余計なことを言わないことは鉄則です。
相談の段階で気になることをあれこれ言うと勧誘の対象となります。

脱毛であれば全身脱毛をする気がないなら「本当は全部脱毛したいです~」と言わない方が良いです。

他にも「お金がない」も禁句です。
ローンをすすめてきたり、少しだけ割引をしたりとあれこれ手を変えてきます。

答えに迷ったら「必要ないです」と言うようにしましょう。

その日中の判断をしない

もう一つエステでやってはいけないのが当日中の契約です。

「今日、契約してもらえば○○円引きですよ」

これエステの決まり文句の一つで消費者心理をくすぶる一言です。でも、当日中に契約はしないようにしましょう。

もしもしつこく言われたときは以下のように断ります。

  • 他のサロンと比較したいので今日はやめておきます。
  • 旦那と相談をするので今日はやめておきます。
  • 今日は○時に約束あるので、また後日にします。

何よりも重要なことは最初の段階で勧誘をしても意味のない人を演じることです。
いつもは気弱な人もエステのときはバシッと断れるように強い意志で最初のカウンセリングを乗り切りましょう。

最初のカウンセリングさえ上手くいけば、その後は「いらないです」というだけで、しつこく言ってきません。